上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普段創作の呟きしかしてないところにこんな真面目に書き込んで、そんなたくさんの人に読んで貰える訳がないのだが、それでもどうしても言いたい。

一度、自分の足囲を測ってくれ!
「ゆったり」は、履きやすい靴ではない!


なぜこれを主張したいかというと、ゆったり靴信仰のせいで、靴の平均サイズがとにかくおかしなことになっているのを知ったから。

靴を選ぶ時、どんな基準で選ぶ?
私はずっと、市販の靴が全然合わないのはつま先の形のせいだと思ってた。
わっかりやすいエジプト型で、普通のエジプト型よりさらに親指が長いんだよね。
靴を選ぶ基準はとにかく、つま先があまり当たらないこと。当たっても痛くないこと。だけでした。
でも、実はそこが問題なのではなく、足囲の問題だった。
本来靴のつま先というのは靴に当たることは決してなく、遊び部分が用意されていて、親指の付け根と小指の付け根のあたりでひっかかって、前にずれないようにできている。
でも、市販の靴はその部分がとてもゆるくできているために、足が前に滑ってつま先が当たる。
だから合わないように感じていた、らしい。

靴の裏に、足長サイズの23とか24以外に、3Eとか2Eとか書いてある靴を見たことがあると思うのだけど、これは足囲のサイズ。
親指の付け根と小指の付け根を通した線を、メジャーでぐるっと一周はかる。それが自分の足囲のサイズ。サイズ表はぐぐればすぐ出てくる。
靴が合わない合わないと言っていた私はジャスト9cmで、約Bサイズ。
足囲のサイズ表は、A、B、C、D、E、EE(2E)、EEE(3E)。
こうしてみると細い方ではあるけど、要するに服のサイズの7号とかそんな感じだよね。
ところが、こないだ新宿の某デパートの靴売り場に行ったのだけど、その靴のサイズの大半が2E、3Eなのだ。
Bなんて、端っこに可愛げもなんにもないシンプルなパンプスがお情けのようにおいてあるだけ。
これだけあるサイズの中で、なぜ最大に近いサイズがメジャーになっているのか……?
それは日本人のゆったり靴信仰が根強いから。
デパートの靴売り場の店員も、実は全然知識の足りない人が多いのだそうだ。
足長サイズと、足先の形で選ぶ人がほとんどらしい。

たしかに、ゆったりした服は楽だろう。
でも、みんな服のサイズはきちんと合うものを着ているはず。
服を選ぶ時に、肌に当たらないように、って、するか?
むしろ身体にきれいにフィットするサイズを選ぶよね。
どちらかというと下着の選び方と似ているかもしれない。
ぶかぶかだとなんの意味もなさない。
靴も同じはずなのに、なぜか、「足囲に足が当たらないゆったりサイズの靴」が売れる。
結果それが需要として反映され、デパートの靴売り場ではEが並ぶ。

ゆったりした靴をはくと、ヒールも伴って足が前にずれる。
前にどんどん詰まっていく。
待っているのは外反拇趾だ。
こうなってから自分の靴のサイズが間違っていることを知る人が多い。

足囲を自分のウエストだと思って、ぜひ一度測ってみてください。
ゆったりは楽だけど、ウエストにあまりにあってない服はずり落ちるんですよ!
それに、くびれではないけど、ウエストは細い方がいいでしょ!
そして、自分の足囲サイズを靴屋で店員さんに伝えてください。
3Eなんてそんなに必要とされないサイズなんだってことを広めたい。

とうの昔にこの件に関して、警鐘を鳴らしてる人はいます。私も知ったからにはちょっとそのお手伝いができればと思って記事を書きました。
もしこれで靴のサイズの選び方が変わった人は、ぜひこの一件を広めるのに協力してください。
楽しい靴ライフが送れることを夢みて。
スポンサーサイト



最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。