上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後1曲のリミックスはもう曲決めてあるのですが、もうちょっとお待ちを…
とりあえず。

立ち絵

短編はさんで…とか言ってたら完成しない気がした。
ので、がっつり進めてしまうことにしました。
「SAVIOR」
CUBEの続編にあたります。続編?って言っていいんですかね。
CUBEをやっていなくても問題ないお話ではあります。
やってると、おや?って思ったり、理解できることがある感じ。
雰囲気は全然違いますが元となる世界観が同じです。

中央の金髪の少女がメインストーリーの主人公的立場。
ですが、操作キャラはこの8人の中から選択できます。
基本となるストーリーは同じですが、ちょっとしたモノローグやその人しか見ていない場面を見ることができます。
もちろん8周してすべてを理解できるゲームとかではなく、見なくても問題はないように作ります。そんな長編ゲームいやだ
このキャラの視点が見てみたい!と思ったときのおまけ要素みたいな感じです。
ですが見る視点によって、同じシナリオでも若干クリア後のイメージが違うかもしれないですね。キャラの性格もさまざまですし。

公式サイトはとにかくイラストと煽り文句をドカンとおいて印象つけたかったのでキャラ名は記載しませんでしたが、ここで公開しておきます。
一番左から、ユリア、グレイラーン、イルニデア、ロージェ、ハイン、リッテ、レファード、セルジオ。
イルニデアを隊長に、ほぼ全員が一度死にかけ、この世界を守ることを神の代行者シエラと契約して不死身の体を得た戦闘員「セイヴァー」たちです。
ほぼ全員が…というのは、セイヴァーになるためにはこの儀式に自ら臨む者もいたりと、いろいろな形があるからです。
基本的にその形……自ら神に体を捧げるほうがメインなのですが、彼らの内ほとんどは違うので、一つの隊にまとめられています。
メインである「契約…約束により世界を救済する話」と、「彼らがセイヴァーになったきっかけ、そしてそれについての小さな復讐」
そのあたりのお話です。

続編にしてはキャラデザめっちゃ描き込んでます。CUBEはキャラチップが先だったし仕方ないね?
最初はもっと柔らかい感じのデザインだったのですが、戦闘員ということでそれなりに仕込みました。
とはいえ、どのキャラも近接、遠距離、魔法、補助から選択できるので、あんまりゴツゴツしてもあれかなあと思って、チェーン系をメインにしました。
グレイラーンあたりがちょっとお前それで魔法使うの?みたいな感じですが、それでもフルプレまではいかない感じで。
見た目と若干の実用をミックスした感じで、基本的には実用のほうが優先度低いです。まあファンタジーだししょうがないね。リッテなんか腹出てるしな。おまえそれ防御してねえだろ。
共通モチーフは鎖と裾とかの金のラインの模様と白い部分、靴の先。エンブレムもどこかについてるのですが、ユリアなんかはリボンの中央についてるので背面見ないと見えません。
これでもまだ描き込むの控えたほうだったりします。あとで自分が描くの大変なんだもん(
チェーンメイル的な部分仕込むと割と画面が締まってくれていいですね。

書くの忘れてましたが、開発はVXAceです。
長編なのでまた何年かかるかわかりませんが、気長にお待ちください。
公式サイト作ったからには必ず完成させます。追い込み追い込み。

ところでキャラ名で聞いたことある名前だなあと思った人、多分正解
スポンサーサイト

wmh_inst100:Break the routine




音が多くなってくると難しいですね!
あともう1曲やったらogg公開しようと思うのだけど、並行しながらやってたのはここでネタが尽きてしまったので
明日…にはさすがに無理かなあというところですが。
どれリミックスしようかなあ。

wmh_inst076:crosspoint of the destiny




5曲くらいたまったらoggアップしたいと思ってるのですが。
戦闘系は音割れ関係が難しいですね…!
メロディーラインの音域がヴィオラで、かなり苦戦しました。入ってたヴィオラ音源結構不安定なんですよね…。
迫力も出しきれなかったし、これはまたやりなおしたいなあ。

いろいろ実験中です。
音選び難しいですね!

wmh_inst082:妖精たちの谷




wmh_inst089:霧の谷




図らずも谷二つ。
数曲まとめてoggもアップしようと思います。

原稿書いてたら語ったつもりになってたけどめちゃめちゃ間あいてた
つーわけで本の話の補足も兼ねて、誰得キャラ語り続きです。
今回は黒い人。
相変わらず追記からどうぞ。

今回販売したCUBEサウンドトラックに収録されているボーナストラックの一つ、The outside of CUBE。
一つのメロディーが繰り返され、暗い雰囲気の掴みどころのない音が漂う、そんな雰囲気ですが、このメロディーはまた、CUBEのメロディーから作り出されています。
楽譜が作れる人、どうやってこのメロディが作られたのか、ちょっと考えてみてくださると嬉しいなあ。
ちなみに、紙に書くこと推奨です。

なお、このメロディーはCUBE続編に絡んできます。

お疲れ様でございましたー!



いやほんと、出来上がりはどうなることかと思ってましたけど、かなり満足な感じでした。
原作ありの本と言うことで、通りすがりの方に手にとっていただけたのはほんの僅かだったのですが(それでも手にとって下さった方、本当にありがとうございます…!!)それでも満足感たっぷりなのは、自分がやりたいことやりきって、綺麗に形になったからだろうなーと思います。
新刊通販は在庫がなくなるまでまったり受け付けていますので、いつでもどうぞ!
サイトの更新はまた明日以降行いますね。

今日は疲れたので、とりあえずご報告とお礼まで。
立ち寄って下さった方々、ご協力くださった方々、本当にありがとうございましたー!



最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。