上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます。ホワイトです。

……え!? もう28日なの!? ウソだろ!?

……えー、すみません。なんか、書いた気分でおりました。大間違いでした。
いまさらですが、年賀状用に描いた渾身の一枚でもぺたり。
年賀状
遅ればせながら本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

んでね、新年早々(っていうのもどうなのか)
PCの調子が、すこぶる悪い!!!
少し前から、フォトショ重いなー、SAIはいけるなー、SSW(曲作りソフト)重いなー、ってな感じだったんですけれども。
ついにね、フォトショは時々筆圧きかなくなるわ、SSWは音が詰まってまともに流れないわ。
という状態にあいなりまして。
いや、頑張ろうにも、本当どうにもならず。。
本当、もうしわけないんですが、PC買いかえるまで、効果音その他oggの更新はお待ちください。

しかし、リアル事情により、今、PCまで買ってる余裕がとてもとても。
3月になったらなんとかなるはずなんですが、どうかここでみなさま一つ。

http://twinklecolor.wix.com/2015m3a

こちらのCDとか買っていただけると。
PCを買いかえるまでの速度が。。急激にアップ。。。
しますので!!!!
ご支援くださる方いらっしゃいましたら!どうぞ一つ!よろしくお願いいたします!!
手作業で一つ一つ丁寧にお送りしております!!!

いやまじでやばいんです、ちょっと。
趣味のことまで金銭あれこれしたくなかったけど、でもやっぱり素材屋だから、
少し支援していただけたらいいものつくろうって気持ちになれるかなーと思いまして。
どうぞ。よろしくお願いいたします。なにとぞ。


今年初めてのブログがなんか切羽詰まっててすみません!土下座土下座!!
スポンサーサイト

やばい!おわる!!!

もう、ちょっとやっぱ企画とか気軽にできないなー。あれは学生時代だからできてたなー。って思いました。
作る分にはちゃんと作りますが、全然まにあわなくて本当にごめんなさいね。
来年でwhite music hallは15周年になりますが、素材屋として単独での存続はちょっと危ういかもしれません。
もちろん、作曲はやめる気ないので、やるとしたら合併ですね。
Twinkle Colorのサブコンテンツに収まるって感じかな。めっちゃいまさら感あるw

とりあえずやっと年賀状出してきたんでいまからきんとん作って来ます。
みなさま良いお年をーーぉぉぉ

ちょいあいちゃいましたがこちらも。
前回の「碧の記憶」についての記事はこちら。

Shop of the Music box「Rêveur」。
要するにオルゴール店 レヴールってことですが、懐かしのこれが元。
toal_bana.png
とりあかさん主催の、一人一部屋参加型ゲーム。
私はどっちかっていうと周りとの交流っぽいシナリオを優先してしまったので、
シナリオはあってないようなものなんですが(すまん)
背景を一枚絵で挑戦してみたんですよね。
んで、オルゴールの箱をたくさん置いたんだけど、せっかくなら全部違う曲置こうってことで全部曲作ったり。
懐かしいですねえー。

んで、まあこのショップ、どうも姉妹であちこちに展開してるっぽいと。
そんなわけで、短めだったり軽めだったりする曲を継続的に売り出すタイトルに使えるのではないかと思い、
こっそり採用してみました。

なのでこっちはコンセプトというよりちょっとした下地のお話でしたね。
実はこういった音少なめの方がやっぱり作るの難しいので、
自分らしさを出しつつナチュラルなオルゴールにするにはどうしたら……とか苦戦してました。
タイトルで共通して「小箱」を用いている曲は、いわゆるオルゴールの箱を意識したループ物です。
最初から全部これにしてもよかったんだけど、諸事情ありまして。。。
なのでちょっとぶれてしまった。全小箱のCDとかそのうち作ります。

vol.1ってことなので、今後も定期的に出していくシリーズです。ちまちま数字を重ねたい。

そんなShop of the Music box「Rêveur」vol.1はこっから通販で買えます↓
http://twinklecolor.wix.com/2015m3a
毎度宣伝で締めるスタイル。
もう一枚の「碧の記憶」の方もよろしくね!

というわけで各曲二行コメントいきます!



ので書くよ。
追記に1曲1曲の簡易コメントも出しておきます。Reveurも次回やる。

今回CD出すにあたって、音楽活動ってやっぱり本名でやりたいなーってところがあって、
でもフルネームもなーって思ったので下の名前を出しました。
それが「碧(みどり)」なんですけど、それ知ってて「碧の記憶」ってタイトル見ると、まあそうなるよね。

というわけでちゃんと由来の解説してみました。
若干自分語りはいっちゃう

まあ、まったく関係ないとは言わない。色の名前でシリーズ作るなら、最初はこの色にしようと思ってました。
単純に、私がこの色が大好きだからです。とはいえ、最初は碧って字とは繋がらなかった。
小学生くらいまではみどりいろのクレヨンーとかいわれて、自分の名前がめっちゃ嫌いでした。
中学くらいの時、修学旅行先で紺碧の湖って解説が書かれてる湖(どこだかわすれた)を見て、
初めて「碧」って漢字の本当の色がわかったのです。
で、それは自分がもともと好きな色で、よく調べたら、空の色とか、海の色とかにも使われると聞いて、
あーなるほど、って思ったのでした。
(余談ですがこの名前がついたのはまさにその日の空が快晴で紺碧の空だったからの様)
んで、ますますその色が好きになりました。

一番好きな色がたまたま自分の名前であったのか、名前についてたからその色が好きな人間になったのか、
まあどっちが先だかわかりませんが、とにかく少し緑がかった青色は一番好きな色でした。
色を冠する作品を作るなら、真っ先にこの色を使おうと思いました。
そしてこの色を取り上げるにあたって、テーマを考えてみると、
空の色、海の色、湖の色、地球の色だなーって思って。
で、そうすると、「みどり」ではなく、「あお」だなーと思ったのと、
やっぱ名前と勘違いされるだろうと思って、違うんですって主張する意味で「あお」の記憶になりました。
端的にいえば、「地球の記憶」と読み変えて頂いて構いません。

なんでそんなでかいスケールになったのかというと、
自分の曲の作り方が、考えて組み立てていくのではなく、
「すでにこの世界に存在しているはずなのに、形になっていない音」を掬いあげるような作業だから。
目をつむって、探っていると聞こえてくる。それを拾って音にして、お伝えしております。
スピリチュアルな話とかじゃ全然ないんですが、、
その時、空の向こう側を見ていたり、海の底を想像したり、色々なんですけども、
やっぱり見えたり見えなかったりな「世界」に思いを馳せて、作っているので。
自分の、周りの人の、住んでいる場所の、まあ要するに地球に乗っかってるいろんな記憶から、
いつもメロディーを受け取っているのです。

そんな感じで、最初のCDタイトルには「碧」をつけようと思ったのでした。
まあ、おおよそ誤解されることも覚悟だったので、理由を書くのもすんなりでした、(笑)
でもちゃんと意味があってつけたんだよー。って、CD出してから言いたかったのでした。

そんな碧の記憶はこっから通販で買えます↓
http://twinklecolor.wix.com/2015m3a
宣伝で締めるスタイル!
もう一枚の「Reveur」の方もよろしくね。


では、各曲の簡易コメント。買おうかどうしようかなーと迷ってる方にも、どうぞ。

またしばらくあいてしまっております……すみません!
現在ちょいと体調を崩しつつも例のSRPG試作を牛歩の如く進めておりますので、
もうしばし潜らせてくださいませ。
ゲーム自体は時間をかけている割には本当に短いものになりますが、新曲も追加する予定であります。

メッセージ下さった方もお返事できなくてすみません。読ませて頂いております!
また落ち着きましたら改めましてよろしくお願いいたします。



最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。